Odyssey of Lyra

今はなき、哀愁の天体リラ。
こと座にあったこの星は地球から2200光年離れた場所に有りましたがすでに遠い昔にその命を終え、

そこに暮らしていた人々は、自らの運命に従い「故郷を持たない流浪の旅人」となって暮らしています。

そしてまた長い長い年月が経ち、天の願いの元、彼らはこの地球を作るためにはるばるやって来てくれました。
リラは、シリウス、プレアデスと共に慈悲深くこの地球に「女神達の愛」を送り続けてくれています。

 

美と愛の女神たち、愛し合う者たちの守護神です。
人として愛し合うことの喜びと、この地球でしか確かめることのできない温もりと、愛おしさ
リラの女神たちのお話を始めてゆきましょう。

 

この物語は、メインブログ「宇宙からの歌声」に掲載したものです。


新しいお話はメインブログの方に掲載してあります。
そちらの掲載が終わりましたら、こちらに移して行きます。